withComputer

デザイン・Web・教育などをテーマに書きつづっていく、角南北斗のブログです。

8月22日は「日本語教育e-learning展示会」で相談所やります

8月22日(月)に、東京の国立オリンピック記念青少年総合センターで行われる「日本語学校教育研究大会プレセッション『日本語教育e-learning展示会』及び『日本語教育教材展示会』」に出展します。事前申込は不要で、 直接イベント開催時間(10:30~16:30)に来ていただければOKです。

以前ブログにも書きましたが、僕は特に教材そのものを持ち込んで並べるということはなく(そもそもそういうモノがない)、机とイスを用意して相談所的なことをします。配布物に掲載した出展内容は以下の通りです。

現場でのIT活用やIT教材開発には「どうすればいいの?」という悩みがつきもの。これまで手がけてきたプロジェクトの事例紹介と、あなたの現場に専門家として無料でアドバイスを行う「よろづ相談所」を開設します。

僕はこの手の話なら日本語教育業界では「自称・いちばん詳しい人」です。なので、ITまわりに詳しくなくて見通しがうまく立てられない、周囲に聞く相手がいないという人は、ぜひご相談ください。ガチのビジネスのお誘いも、もちろん歓迎ですよ。

一方で、教材開発を仕事にしているとはいえ、何でもかんでも教材を作ればいいってもんじゃないと考えています。むしろ、作らなくても何とかなるんじゃないの?という状況に、どんどん世の中が変わってきているんじゃないでしょうか。それでもなお「いや必要なんですよ」と言われるような現場があるのか、それとも実際はないのか、そこはすごく興味があるし、そういうお話ができる方と出会えるといいなとも思っています。

ちなみに出展者には、ステージでプレゼンテーションする機会が与えられているのですが、僕の割り当て時間は最終コマ(15:15〜15:40)というクジ運のなさ。イベント終了間際の時間帯に「みんなブースに来てね〜!」と力強くアピールしても・・お客さんどれくらい残ってるの・・っていう(笑)。なので「ブースはもうすぐ閉じてしまいますが、この後で延長戦として飲みに行きましょう!」と伝える時間にしようかと。

ということで、みなさん来週月曜は展示会に来てねー。